盲腸がんについて-【教えて盲腸!】

サイトマップ
教えて盲腸!
sponsored link

盲腸がんについて


症状だけでは盲腸(虫垂炎)と見分けがつきにくい病気の一つに、盲腸がんがあります。

盲腸がんとは?

盲腸がんはその名の通り、大腸の一部である盲腸にできる癌のことで、比較的若い年代(20代)などにも発症することがありますが、発症率は大腸ガンのうちの約1%と多くはありません。

盲腸がんは盲腸と同じく、右下腹部の痛みを呈する場合がありますが、初期の盲腸がんは症状に乏しく、ほとんど自覚症状がない場合もあります。

そのため、気が付いたときには癌がかなり進行してしまっているということもありますので、右下腹部の痛みや違和感、血便などが現れた場合には、念のため早めに病院を受診して検査をすることをお勧めします。

盲腸がんを発見するためには超音波検査やCTよりも、内視鏡検査やPET-CTが向いています。
sponsored link


サイトご利用についての注意事項

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。

当サイトは利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがいまして、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、皆様の責任において細心の注意を払って行って下さい。

当サイトは、当サイトのサービス提供の遅延・不履行・中止により、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。



Copyright (C) 2008 【教えて盲腸!】-盲腸の症状や痛み、手術や入院など All Rights Reserved.