移動盲腸症について-【教えて盲腸!】

サイトマップ
教えて盲腸!
sponsored link

移動盲腸症について


盲腸には正常な状態でも多少の移動性がありますが、正常な範囲を超えて盲腸が移動して腹痛などの症状を呈したものを移動盲腸症と言います。

移動盲腸症の原因と症状

盲腸は正常な状態では、上方約6cm、内方約2cmの可動性があります。

しかし、何らかの原因で腸間膜が延長すると盲腸が正常な範囲を超えて移動してしまい、腹痛や便秘、お腹の張りなどの症状が現れ、この状態のことを移動盲腸症と呼ばれます。

移動盲腸症は20〜30代の女性に多く、その中でも特に内臓下垂体(胃下垂)の人で起こりやすいと言われています。

盲腸の動きは超音波検査で確認することができますが、盲腸の移動量には個人差が大きく、正常な範囲を超えて移動していても問題がない人もいます。
sponsored link


サイトご利用についての注意事項

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。

当サイトは利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがいまして、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、皆様の責任において細心の注意を払って行って下さい。

当サイトは、当サイトのサービス提供の遅延・不履行・中止により、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。



Copyright (C) 2008 【教えて盲腸!】-盲腸の症状や痛み、手術や入院など All Rights Reserved.